求人数の多さや社会的なニーズの高さから転職しやすい状況となっている業界の一つが介護です。特に、介護施設で長年にわたり経験を積んてきた人や、デイサービスや訪問介護などの事業所で管理職を務めたことがあるような人は、有利な条件で転職ができる可能性は高いでしょう。そうした中、介護職として転職をして、一つの職場で長く働くためには、早い時期から希望するエリアにある評判が良い介護事業所を調べておくことが大切です。介護業界は、各事業所によって職員の待遇が異なります。また、人員配置によってシフトの組まれ方にも差があるので、特に特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホーム、グループホームなどの24時間対応の施設で働きたい方や、少しでも給与のいい職場で働きたい方は、雇用条件や福利厚生などをできるだけ具体的にリサーチしておいたほうがいいでしょう。

ただし、その一方で、子育てや親の介護などの事情で、常勤職員として勤務をするのが難しい人は、日中の仕事が中心となるデイサービスや訪問介護事業所のホームヘルパーなど、無理のない働き方ができる職場に目を向けることをおすすめします。人員確保に積極的なデイサービスや訪問介護の事業所の中には、転職希望者のライフスタイルや将来の希望に応じて、自由に雇用形態を選択できるようにしているところも少なくありません。

その他、スキルアップの一環として働きながらケアマネジャーや介護福祉士などの資格を取得したい人は、全てのスタッフを対象とした資格取得の支援制度が整っているところに注目してみることも大切です。ライフステージやキャリアプランに沿った職場で働くことができれば、離職が多いといわれる介護業界でも、長く活躍することができるでしょう。