比較的転職しやすい職種のひとつが介護職です。自分のライフスタイルや希望する介護方針などを探して転職することによって、より満足のいく仕事をすることができるでしょう。ただし、転職のために今の職場を辞める際には、押さえておくべきポイントがあります。

まず退職すると決めたら、直属の上司へと相談しなければなりません。同僚など、仲の良いスタッフには真っ先に相談したくなるかもしれませんが、優先すべきは直属の上司です。これは、介護職に限ったことではありません。そして、必ず尋ねられることになる退職理由は、自己都合とすることがポイントです。

それから、介護職は人手不足の職場が多いため、退職の意思を伝えると上司から引き止められることもあるかもしれませんが、そんなときには退職の意思を強く示すことが重要になります。そして、意思を示したら、必ず退職届を提出しましょう。退職届はテンプレートが存在するので、それに則って書くと失敗がありません。

また、介護の仕事は一人で行うものではなく、チームで行うため、引継ぎもきちんと行いましょう。自分が担当している特定の仕事があれば、次の担当者に資料やマニュアルを共有し、大切なことはしっかりと引き継がなければなりません。そのため、退職前に自分が残していた有給休暇を消化する場合は、それも踏まえたうえで引継ぎ期間を設けるようにしましょう。

そして、最終出勤日には、保険証や制服といった仕事をするうえで配給された備品を返却するとともに、ロッカーや机の整理を行います。このような退職までの流れは、あくまで基本であり、職場によって多少異なる部分はあるかもしれませんが、スムースに次のステップを踏み出すためにもきちんとやるべきことはやっておきましょう。